外壁リフォーム無料相談.com

外壁リフォームは相見積もりが最重要

割高なふっかけ見積もりにだまされない最も有効な方法は複数の業者から見積をとる相見積もりです。

各社の内訳を比較することで、価格だけでなく品質へのこだわりも見えてきますよ。

 

リフォームでは、実際の改装部分以外にも外装工事用の足場や高圧洗浄の費用、資材の運送費や撤去物の処分費など様々な費用がかかります。

どのような作業を行うかはリフォームの内容や、建物の形状・状態で違うので、他の物件や事例との比較ではわかりにくい。なので、同じ内容・条件での見積書の内訳を業者別に比較することで、段取り準備や、適正な廃棄処分が見込まれているかなどチェックすることができるようになるのです。

そもそも、内訳にこれらがちゃんと書かれていない業者さんもいます。どんぶり勘定、、、

 

そのような業者が避けたほうが無難です。内訳書の作成はとても手間がかかり、業者さんにとっても大きな負担ではあります。ですが、そこをちゃんと出来ないところはいいかげんか会社の可能性も高くなるので私なら敬遠します。

 

外壁リフォーム 安さを求めて後悔しないために

安さだけをもとめると、「安かろう、悪かろう」になることも。安い業者と平均的な会社の内訳を比較して、抜けている項目や気になるところはありませんか?

気になることは契約前にしっかり確認して納得しておくことが、後悔しないための最大のポイントです。できれば、手書きでもよいので見積書に明記してもらいましょう。

 

外壁リフォーム 見積条件のチェックポイント

内訳だけでなく、条件欄のチェックも重要です。基本的な

  • 工事の概要
  • 工期(開始日、終了日)
  • 工事の時間帯
  • 請負金額
  • 支払い時期と方法

これらは必ず記載してもらいましょう。

 

高割合の前払金を支払ったのに、いつまでたっても工事が始まらない、終わらないといったトラブルもありますのでご注意くださいね。

 

トップへ戻る→外壁リフォーム 見積り術
SEO対策テンプレート

  • SEOブログパーツ

sakamoto 
管理人:Sakamoto
戸建てに住む友人から外壁リフォームの相談を受けました。45歳を過ぎると早くに家を建てた同級生はそろそろリフォームや大型修繕が必要な時期です。 だけど私、建築設計をしていますが普段は戸建ての設計はやらないんですよね。もうちょっと大型の物件がメイン。だから、相談受けたら「まずはココ見てね」って、言えるようにまとめてみました。


↑  ↑  ↑  ↑
コンセルジュが案内してくれる
丁寧な一括見積りサイト


↑  ↑  ↑  ↑
安心業者からとりあえず見積り
概算がスグにわかる便利サイト


↑  ↑  ↑  ↑
現地確認してちゃんと見積もる
スピード感抜群の一括見積りサイト


↑  ↑  ↑  ↑
埼玉県限定!!
生協の信頼感を活用

© 2018 外壁リフォーム 見積り術 rss